【経過報告】あのレイアウトは今・・


どこかで聞いたようなタイトルですがw

今まで紹介してきたレイアウト水槽、現在はどうなってるのか?
今日はこれをお伝えしていこうと思います。

実は気になっていた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

えっ、気にしてないって?

まぁそう言わずお付き合い下さい^^;

多肉テラリウムはつくってからの変化が面白い部分なので。

勢いよく育つ多肉だけでなく、中には枯れてしまうモノもあります。

きれいにつくったレイアウトだって形が崩れてくることも・・。

逆に予想以上に植物が繁茂して鑑賞価値がグッと上がることもあるんです。

それらを包み隠さずお話ししようと思います。

さっそく見ていきましょう!

 


まずは「バークチップ積層レイアウト」

これは先日トリミングの一部始終を紹介してますよね。

※参照「バークチップ積層レイアウトのメンテナンス」

その時の状態がこちら。

で45日経過した現在が・・

大きな変化は見られないですね。

全体的にじっくり伸びている、といった印象です。

中には勢力が減退しているモノもありますけどね。

左上の薄緑色の草、ヒスパニクム(薄雪万年草)は一度密に育ったあと、急に枯れ込んでくる現象が見られます。

ただ全体ではなく、覆い被さってる下の部分がそうなるんですよね、いつも。

日照不足なのか肥料不足なのか。

育つのも早いし枯れるのも早い、「ブレイクしたお笑い芸人」みたいな印象ですw

 

 

前景のモリムラマンネングサは一度刈り込んでます。

そこからまた伸びてきて今はこんな具合です。

多肉界に「成長速度選手権」があったらおそらくメダル候補でしょうねw

 


次は「バークチップ縦繋ぎレイアウト」

これが紹介当時(90日前)

現在が・・

あれ、前景の植物が違う・・

モリムラマンネングサを抜いて他の草を植えちゃいました。

だって生長早すぎるんですもんっ!

先ほども登場しましたがこの草は良くも悪くも主張が強いっ!

 

その他の多肉に注目すると、

サボテン類はゆっくり伸びてます。いい成長速度で安心します。

左上の「サボテン 金獅子」がどこまで大きくなるのか?

これがちょっと心配です。水槽が小さいので。

右上の「サボテン 般若」は残念ながら枯れてしまいました。

ちょっとデリケートな種類のようですね。

アストロフィツムの仲間で「兜丸」と同じ属です。

 

新たに植えた多肉は、

○「センペルビウム 小リン系」  

2つあるバラみたいなやつです。

よく見ると葉の先に白い毛がちょこっと生えていて可愛いですね。

もっと目をこらしてみると株の下からランナーが伸びてるのを発見しました。この仲間はこうやってどんどん子株を増やします。抜け目のないタイプですねw

 

 

○「ドルフィンネックレス」   

これはセネシオ属のグリーンネックレスとおなじ仲間ですね。

その名の通り葉っぱが、イルカがジャンプしているような姿をしています。女子ウケいいんだろ~なぁ~・・と密かに思いました。

店頭ではあまり見かけませんが、ネットで買えますよ。

 

他にも細かい多肉をいくつか植えてるんですが、よく見えないので紹介は大きくなってからにします。

 

あと以前から植えていた「クラッスラ 銀揃」に病気が出てしまいました。

葉に所々茶色いかさぶたみたいなのがついてますよね。

これがおそらく「サビ病」と呼ばれているやつです。

カビの一種である「サビ病菌」に感染することで発生する病気で、放っておくと広がっていきます。

私の印象ではクラッスラ・カランコエ等に多く発生していますね。それも毛のフサフサしたやつ。

とりあえずベニカスプレーで対処してます。

進行は止まっており、枯れてしまうことはないかな、と思います。

最初に見つけたときは「何だろうこの茶色いの」くらいで放置してましたが、気づくと少しずつ大きくなってるんです。怖いですね~。

様子を見守っていこうと思います。

 


次に「小粒バーク貼りレイアウト」

90日前の姿がこちら。

こちらも全体的にボリュームが・・

これも前景を植え替えてます。

ミニ水槽(20㎝キューブ型)では多肉を植える量を考えなければいけないことがわかってきました。

植えたあとにどうなるかの想像が足りていませんでした。

植栽当時の未熟さがよくわかる例ですね^^;

 

有茎のマンネングサの仲間は最初ぐんぐん生長します。

そしてトリミング(刈り込み)を何度か経て生長が落ち着いてくる傾向があります。その見極めを間違うとジャングルになってしまったり、切りすぎてその後の生長が見込めなくなってしまうケースに陥ります。

これは経験を積んでいくしかなさそうですね。

 

個別に見ていくと、

○クラッスラ 南十字星   

5㎝くらいの高さでバッツリ切ってます。

今は新芽を展開してますね。もともと1本だったのが、頭が2本に増えているのでお得感がありますw

切ったやつもしっかり栽培コーナーで育ってますよ。

 

 

○ランプランツ  

これも途中から切ってます。

背は低くなりましたが丸っこい葉が密に詰まってきて体裁がよくなりましたね。

メセン類なので溶けるのが心配でしたが意外と丈夫です。

そしてこの多肉のいいところは、「水切れのサインが出る」性質ですね。

土が乾いてくると下葉にしわが寄ってくるんです。

水をやるとすぐにまたプックリと丸い状態に戻ります。

この水槽はいつもここを見て管理できるのでとっても便利です。

 

 


長くなってきたので今回はここまで。

レイアウト水槽の魅力は、つくって終わりではなくそこからの生長を見守る楽しさがあるところですよね。

どう変化していくのか?

これを今後定期的に報告していくようにします。

 

ではまた!^^

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください