20㎝キューブ水槽多肉テラリウム ミニサボテン


小型キューブ水槽石組みテラリウムの第2弾!

前回の青華石を使った作品がツイッターで高評価だったもので、調子に乗ってシリーズ化しちゃいましたw

今回の特徴は、ミニサボテンを多く使ったところです。

テーマがネイチャー感なのですが、そこにサボテンを加えるとどう見えるのか?

という実験でもあります。

どうでしょう?

結果、前作よりもポップな印象になってしまった気がしてます・・

サボテン自体が個性的なのでアイキャッチ力が強いんですよね。

ネイチャー感と真逆の要素があるわけです。

 

小型のセダムやグリネを間に植えることで、全体のボリュームUPと奥行きをプラスしてます。

中でも今回オススメなのが、

「リプサリス 青柳」ですね。

森林性サボテンの仲間で、木の幹や岩などに着生して生長するタイプです。

これがテラリウムにとても使いやすいんですよ。

弱い光を好む性質なので、多少陰になる部分にも使えますし、LEDライトで充分生長します。

ちょっとしたスペースを埋めるのにも役立ちますし、繁茂すると節を横に増やして伸びていくので、葉の大きさが変わらずに範囲が広がっていきます。

幾何学的に増殖していく姿が生命の神秘を感じさせますw

 

今回使用した石は、チャームの「風山石」というやつです。

やや鋭角性には欠けますが、山肌を思わせる質感と色が特徴ですね。

中にはやや緑色がかった石があり、独特の和の雰囲気を醸しています。

アクアテラリウムやコケテラリウムとの相性が良さそうですね。

それにしても小型水槽での石組みレイアウトは奥が深いです。

これをつくるのにも何度か失敗をしてます、実は^^;

石の表情をどうとらえるかがポイントですが、そこのフィーリングがビシッと来る時があります。「ここだっ!」っていう感覚を見つけるのが醍醐味と言えるかもしれません。

今後も部屋でこっそりと石との会話を楽しみたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください